Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. コワーキングスペースってなんだろう?メリットデメリットについて

コワーキングスペースってなんだろう?メリットデメリットについて

近年、オフィス環境を共有できる『コワーキングスペース』と呼ばれる場が増えてきました。
『コワーキングスペース』ってなんでしょうか。
それは、コワーキングが行われる環境のことを言います。
・実務を行う場所が個室ではなく、図書館のような解放的なスペースとなっている
・異なる職業や仕事を持った人たちが同じ場所に集まり、作業場をシェアしコミュニケーションが取ることができる
簡単に説明しますと、こういった空間のことです。

コワーキングとはワークスタイルのことで、個人事業主や起業家、在宅勤務が許可されている会社員といったように、場所に縛りがない環境で働いている人たちの働き方のことを指します。
ちなみに、コワーキングは2005年頃にサンフランシスコを中心に始まったとされており、日本では、2010年頃にコワーキングの概念が広まったとされています。

さて、本題のコワーキングスペースを利用するメリット・デメリットについて考えたいと思います。

コワーキングスペースを利用するメリットについて

まずは、メリットから!!分析していきたいと思います。

①低コストで利用することができる
簡単にいうと、図書館の一部を借りることになりますので、月々の賃料を抑えることが可能です。

②コミュニケーションが生まれる
同じ空間で異なる職業の方と作業場をシェアする空間は、新たなコミュニケーションの形成が可能です。
様々な人と交流することにより、仕事の幅も広がりそうですね。

③通信インフラの完備
最近は電源を備えたカフェを見かけることも多いと思いますが、既に使用されていて自分が使えないなんてこともよくありますね。コワーキングスペースでは、席数分の電源はもちろん、Wi-Fi環境も揃っているのが強みです。

④イベントなどに参加できる
場所によっては、勉強会やワークショップなどのイベントや専門家のセミナーなどが行われる会場もあるようで、自分自身のスキルアップができます。

コワーキングスペースを利用するデメリットについて

もちろんデメリットについても分析していきたいと思います。

①周囲の雑音
オープンスペースであることと、様々な方が利用しコミュニケーションをとる場でもあるため、
会話や声などが聞こえてきます。集中して仕事をしたい時などは気になってしまうかもしれません。

②作業スペースが狭い
場所によっては、混んでいる時などはパソコンの横に資料を広げて置くほどのスペースはありません。
いつでもたくさんの資料を確認しながら作業したい!という方には不向きかもしれません。

③必ずしも新たなコミュニケーションが生まれるわけではない
メリットもあればデメリットもあると言うことでしょうか。
様々な人が利用するということは、言ってしまえば目的は人それぞれです。またコワーキングスペースは本来は仕事を探す場でもないため、必ずしも新たなコミュニケーションが生まれるとは限りません。

最後に、、、

今回は『コワーキングスペースってなんだろう?メリットデメリットについて』分析してみました。

調べていて分かったことが、コワーキングスペースと言われる場所は多く東京都だけでも140件ほどあるということです。
コワーキングスペースを会社のオフィスとして活用できるような場所もあるようです。これだけ多いと迷ってしまいますね。
個人的にはメリットに重要性を感じましたが、デメリットも大きいなと感じました。(作業時は荷物を広げたい…)
何件かお試しで通ってみて、利用を検討するのが良いのではないかと感じました。
今度、私も何件か行ってみたいと思います。

調べている際にシェアオフィス・フリーアドレススペースなどと言う言葉が何件も出てきました。
次回はこちらについて取り上げたいと思います。

出展:WorkshipMAGAZINE

 

この記事を書いた執筆者
  • 日下 恵輔
  • マネージャー

皆様方と明るく、楽しくお仕事をできるよう心がけます!

インテリア学科の専門学校卒業後、ハウスメーカーに就職、その後商業施設の内装に興味を持ちヨシノスペースデベロ…