Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. ハーバリウムを作ってみよう★

ハーバリウムを作ってみよう★

※上記写真 出典:GMOペパボ株式会社

おしゃれなインテリアとして人気のハーバリウム。SNSやお店などで1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「ハーバリウム」とは英語で植物標本という意味です。

最近見かけるものは、主に保存液にドライフラワーやプリザーブドフラワーを入れたものです。

今回は実際に実践しながら作り方のコツをまとめてみました。

必要なものを準備してみよう

ハーバリウムを作るのに必要なものは?

  • 蓋つきの瓶
  • プリザーブドフラワーやドライフラワー
  • ハーバリウム専用液(ベビーオイルなどを使われる方もいますが、きれいに長持ちするためには専用液がお勧めです)
  • ロングピンセット
  • 漏斗 ※液体を瓶に入れる時にあると便利です

テーブルや机が汚れるのが嫌という方には、事前に新聞紙などを敷いて作業するといいですよ。

どこで購入ができるの?

ネットで「ハーバリウムセット」と検索すると必要なものがそろったハーバリウムキットが販売されています。※写真は株式会社クリーマにて。

また、瓶やプリザーブドフラワーなど単体でも売られています。
但し、実際手に取ってみたい方は、ハンズやロフトなどのショップで購入しましょう。

 

上記の写真は、ロフトで販売されているハーバリウムの商品です。プリザーブドフラワーやドライフラワーが小分けセットになって売られています。ネットなどで検索していただくと分かりますがプリザーブドフラワーを買おうとすると結構高い!こちらは必要な分だけ購入できるので、試しに作ってみたいという方にお勧めです。

実際に作ってみよう!

①蓋つきの瓶はあらかじめ煮沸消毒をしてよく乾燥させましょう。
プリザーブドフラワーやドライフラワーは汚れを落としておきましょう。
※この2点はきれいに仕上げる為に大事な作業です。

②プリザーブドフラワーやドライフラワーをお好みで入れます。
【ここで注意!】
 同じ濃い色味や同じ色味のものばかり入れると写真のように透明感がなく、素材が死んでしまします。また、液体の中でトウガラシなど浮きやすい物もあるので注意が必要です。
ただ入れる単純作業ですが、これがやってみると難しい。
思っていた向きになってくれない、入れれない。。。格闘しました。

瓶に入れる前に完成形をイメージしておきましょう。

③専用液を入れて蓋をすれば完成!
私は、写真のように蓋に洋書の紙と麻の紐を使いアレンジしました。瓶に英字のシールなど貼ってみても可愛いですね。少しアレンジを加えるとぐっと可愛くなります。

写真のように季節の花々を入れて楽しむのもいいですね。※写真は東京堂のInstagramより

可愛くアレンジしたおしゃれなハーバリウムは自分用にギフト用にと様々なシーンで喜ばれるアイテムです。

また、お手入れの必要がなく長く植物のある暮らしを楽しめます。

お家のちょっとしたスペースに置き、小さな癒し空間を作りましょう。

この記事を書いた執筆者
  • 泉 侑花
  • コーディネーター

思いやりの心で笑顔を忘れず、1日1日を大切に過ごす

学生時代は建築デザインを学び、時間があれば建物見学をしていました。そのなかでインテリアコーディネートという仕…