Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. 二重サッシで防音・断熱効率は飛躍的に上がる!

二重サッシで防音・断熱効率は飛躍的に上がる!

二重サッシ(二重窓・内窓とも言われることもあります)は近年、省エネや防音効果を目的にリフォームする際に取り入れる方が増えています。

かく言う私もその一人であり、リフォームの際に取り入れました。

そこで実感した効果についてお伝えしたいと思います。

メリット・デメリットを知っておこう

メリットとしては、二重サッシにすることで気密性が上がるとともに、断熱効果も上がります。

当然気密性が上がることで防音効果も得られます。
暖房器具を使う際のエネルギーを抑えることができ、省エネや節約になります。冬場の結露防止にも効果があります。サッシ枠のサイズが必要設置寸法を確保できていれば、1日で施工が可能です。

デメリットとしては、窓の開け閉めを二度行う必要があり手間がかかること。

それから、既存のサッシ枠のサイズによっては枠を交換する必要があり、取り外しの際に周辺のクロスを傷めてしまう可能性が高いです。そのため、サッシ取り付けのみをご希望の場合でも、クロス貼り張替え工事等が発生してしまいますので注意が必要です。

二重サッシで快適な住環境に!

私が当初、二重サッシを採用したのは、自宅が比較的交通量の多い通りに面していることから防音効果を高めたいと考えたからです。実際に、防音効果は高まりました。

しかしそれ以上に断熱効果を実感しています。以前住んでいた家に比べ暖房器具の効きが大きく異なります。とても暖かいのです。

 

試しに内側のサッシを開けて過ごしてみましたが、部屋がなかなか暖まらない。
それどころか結露しはじめる始末でした。

私は二重サッシで快適な住環境を手に入れました。

手軽な内窓のリフォームで快適な住まいを目指しましょう。

(筆者:Y.takatsuka)

この記事を書いた執筆者
  • 高塚 雄太
  • チーフプランナー

お客様目線に立って+αの空間を

美術系大学を卒業し、内装のデザイン・設計・施工をトータルで経験したいと思い、ヨシノスペースへ入社。現在は主に商空間、オフィスのデ…