Column

コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. 寝室で有意義に過ごす照明とは何か!?

寝室で有意義に過ごす照明とは何か!?

※上記写真:出典 adelto

日が落ちるのも早く、夜が長くなっている今日この頃。

夜を過ごすお部屋といえば寝室。寝室の照明はどのように選ぶのがいいのか皆さんは考えたことがありますか?今回は寝室で快適に過ごす為の照明を考えてみましょう。

明るさを抑えてリラックスできる空間を目指す

寝室での主な行動とは睡眠を取るという事。寝るまでに本を読んだり、音楽を聞いたり、スマホをいじったりしますが、良質な睡眠を取るには出来るだけ照度をなるべく抑え、また色温度が高いオレンジ色の光が良いと言われています。

それではどんな照明を使うと良いのでしょうか?

天井照明は部屋全体を明るくしてくれるのですが、睡眠という点ではそこまで明るさは必要なく、下からの間接照明が最適です。

ライティング効果のバリエーション

一般的にはスタンドランプをベッドサイドにおいて優しい光を灯します。

壁に付けるブラケットタイプの照明は光が壁に当たって出来る陰影がとても素敵な空間にしてくれます。

 

ペンダントをナイトテーブル上に垂らすというテクニックでお洒落な寝室を演出できます。

 

 

 

 

 

建築に組み込んだ間接照明は上級者向けで建築、インテリアの仕事をしている人が見るとおっ!と目を引くテクニック。

 

 

 

 

 

 

 

因みにモデルルームでは寝室とは言え、お部屋をご覧いただくために部屋の広さに対して標準の明るさを出すため、一般的に良いとされる明るさよりも明るく演出することがあります。

写真はコーブ照明という間接照明で天井を照らしたテクニックで、とても高級感ある非日常的で特別な寝室を演出しています。弊社にて納品させていただいた実例です。

 

 

 

 

 

灯はリラックス出来る明るさは人それぞれですが、寝る前の照度に関しては豆電球程度の明るさが良いと言われているようです。

皆さんも快適な照明計画で、上質な睡眠が取れる寝室を造ってみてくださいね。

※コラム内写真 出典元※

ONOMICHI U2 エネチェンジ

 ライティングファクトリー Lamps and lighting Farmhouses & Fireplaces

(筆者:Y.inoue)